雑誌に載っているようなインテリア

北欧テイストを目指す!

憧れる部屋作りは、雑誌を参考にしても苦戦している人が多いと思います。雑誌で紹介されるインテリアの種類は、テイストによって分けられています。例えば北欧テイストのお部屋を目指している場合は、“ナチュラルな木材”と“ビビッドカラーの差し色”が決め手になります。北欧は自然に恵まれていることもあり、シンプルでヴィンテージな木材を用いた家具を置くと、空間が一気に北欧調になります。人工的な家具を置かないことで、木のぬくもりがお部屋全体を包み込みます。
また、ビビッドピンクやブルー、幾何学模様の小物を配置することも、北欧ではポピュラーです。北欧食器はあえて見えるところに置くと、より“らしく”なります。大きな家具を用意するのが難しい場合は、お洒落なお皿や、調味料を飾ってみてはいかがでしょうか。

神秘的なアジアンテイストへ!

リゾート風だったり、装飾に凝っていたり、やすらぎを提供してくれるのがアジアンテイストの空間です。日本と同じ茶色をを中心に、オレンジや黄色、果物などで明るいカラーの差し色を使います。天然木やラタン素材を使った家具を配置して、観葉植物を部屋に加えるだけでいつもと違ったお部屋に変身します。ソファやカーテンの色をダークブラウンで統一すると、“モダンアジアン”テイストになり、大人な空間となります。特徴的な石や、南国らしくヤシ系のグリーンを追加することでリゾート感が増すのでオススメです。
手軽にアジアンテイストのお部屋を作るには、お香立てを見えるところに置いたり、竹などで出来た繊細な光の間接照明を用意してみましょう。小さな積み重ねがお部屋の表情を変化させ、雑誌で見るような空間を作り上げられるのではないでしょうか。